会員規約
第1条 会員
  1. マーケットリサーチとやま(以下mrt)事務局の定める「会員」とは本規約を承諾の上、規定の入会手続きを完了後、mrt事務局で承認した方とします。
  2. mrt事務局が「会員」として承認することを不適当と判断した場合入会の承認を行わない場合があります。
    また承認後であっても承認の取り消しを行う場合があります。
第2条 会員IDおよびパスワードの管理
  1. mrt事務局に登録した際に発行する会員IDおよび自ら設定するパスワードの管理は、会員本人が責任を負うものとします。
  2. パスワードはインターネット経由で登録した会員にのみ設定するものとします。
  3. 会員IDおよびパスワードの譲渡、名義変更、売買などの行為は一切禁止することとします。
  4. mrt事務局は会員IDおよびパスワードの使用上の過失、および第三者の利用に伴う損害の一切の責任を負わないものとします。
第3条 登録情報
  1. 入会の際に会員が申告する登録情報のすべての項目に関して、いかなる虚偽の申告も認めないものとします。
  2. 住所、電話番号、その他mrt事務局への登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の変更手続きを行うものとします。
第4条 会員の個人情報等の取扱い
mrt事務局は、会員からお預かりした個人情報については、外部への漏洩・流出がないよう、厳重に管理します。
第5条 個人情報の利用目的
会員の個人情報の利用目的は以下のとおりとします。
  1. ポイントの加算・ポイント交換に係る商品等の発送のため。
  2. mrt事務局登録時における会員個人情報の一部を集計・分析し、一般的な統計情報を作成後、当社のクライアントへ提供するため。(この場合、会員の個人が識別できるような情報を排除し完全な匿名情報として取り扱います)
  3. mrt事務局の作成するメールマガジンの配信。
  4. 個人情報保護法に基づく開示請求等への対応、ならびに個人情報の取扱いに関する監視および監査のため。
第6条 会員の個人情報提供について
会員が登録時にmrt事務局指定の個人情報を提供することは必須です。もし提供しなかった場合は、mrt事務局におけるアンケート調査への回答及びサービスを利用できません。
第7条 開示請求について
会員は、mrt事務局に対して、自らの登録個人情報を自らに開示するよう求めることが出来ます。その方法は、mrt事務局において会員登録時に付与されたID・パスワード入力による自動的な開示によるものとします。当該開示の結果、会員の情報が間違っている場合は、変更画面で修正を行って頂くことが出来ます。
第8条 第三者への提供

mrt事務局は、個人情報を第三者に提供することはありません。
ただし、人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得るのが困難な場合に、第三者へ提供する場合があります。
また国の機関または地方公共団体またはその委託を受けた第三者が法令の定めに従い、個人情報を開示することを求められた場合に提供することがあります。

なお、MRT事務局の各種サービス遂行に必要な業務のための個人情報を委託するホスティングサービスについては、当事務局が定めるセキュリティ対策の水準を満たしております

第9条 個人情報取扱いに関する管理
会員の個人情報に関するお問い合わせ先
mrt事務局 info@mr-toyama.com
第10条 使用禁止
会員は、mrt事務局が承認した場合を除きmrt事務局を通じて入手したいかなる情報も使用することが出来ないものとします。
第11条 会員の禁止事項
会員の以下に該当する、またはその恐れのある行為は禁止とします。
  1. 公序良俗に反する行為
  2. 法令に違反する行為
  3. 他の会員もしくは第三者の著作権を侵害する行為
  4. 他の会員もしくは第三者を誹謗、中傷する行為
  5. 他の会員もしくは第三者に不利益を与える行為
  6. 選挙運動もしくはこれに類似される行為、または公職選挙法などの法令に違反する行為
  7. mrt事務局の運営を妨害する行為
  8. mrt事務局が承認していない営業行為
  9. 契約しているプロバイダーの定める規約に違反する行為
  10. 同一人物が複数の会員登録をする行為
  11. 複数人が同一のメールアドレスで会員登録をする行為
  12. その他、mrt事務局が不適当と判断する行為
第12条 登録内容の削除
当ネットワークに登録されている全ての情報に関して以下に該当する、またはその恐れのあるものは、mrt事務局が登録者の承諾なく削除できるものとします。
  1. 登録されている情報が第11条の定める禁止事項に該当するとmrt事務局が判断した場合
  2. 登録後一定期間を経過し、mrt事務局が不必要と判断した場合
  3. mrt事務局への申告、届出内容に虚偽の内容があった場合
  4. 登録された電子メールアドレスへアンケート調査を提供できない場合
  5. 登録された電子メールアドレスの利用資格を失ったことが判明した場合
  6. 県外に居住を移された場合
  7. その他、mrt事務局が不適切もしくはアンケート調査の提供に支障があると判断した場合
前項に従いmrt事務局が会員の会員資格を削除した場合、当該会員の保有するポイントは全て無効となるものとします。当事務局は会員資格削除につき、当該会員に対して一切責任を負わないものとします。
第13条 電子メールの受・発信
  1. 会員としてmrt事務局と電子メールの受・発信を行う場合、登録情報と同一のメールアドレスを使用するものとします。
  2. 登録と異なるメールアドレスにて受・発信を行った場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、mrt事務局はその責任を負わないものとします。
第14条 ポイント
  1. ポイントの加算はmrt事務局規定の計算方法により算出するものとします。
  2. ポイントの清算は、mrt事務局が規定した基準ポイントまで達した段階で可能となり、基準ポイント単位で清算することができます。また基準ポイントまで達せずに退会する場合、その会員のポイントの効力は消失するものとします。
  3. ポイントを譲渡、売買、営利目的または、その他不正に使用することは固く禁止します。またこのような目的での使用が発覚した場合、mrt事務局ではその時点までの清算済みのものを含む、すべてのポイントの返還、さらにmrt事務局における損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  4. 第11条に定める不正行為によりポイントを獲得したことが発覚した場合、mrt事務局ではその時点までの清算済みのものを含む、すべてのポイントの返還、さらにmrt事務局における損害賠償の請求を行うことができるものとします。
第15条 会員資格の抹消
下記の項目に該当する場合、mrt事務局は、会員の承諾の有無にかかわらず、会員資格を抹消することができるものとします。
  1. 会員IDまたはパスワードを不正使用した場合
  2. 当ネットワークを営利目的で不正利用した場合
  3. 入会時及びその後のアンケートによるメンバーの申告情報が故意による虚偽の申告と認めた場合
  4. 会員の死亡が確認された場合
  5. その他、本規約のいずれかに違反した場合
資格を抹消する場合、その会員が当ネットワークで保有するすべての権利を抹消するものとします。
第16条 退会
  1. 退会する場合、mrtのサイトから会員自身が退会の手続をした後、退会となります。
  2. 退会しようとする時点で、累積ポイントが清算規定額まで達していた場合、退会前に清算するものとします。退会前にポイント清算が行われなかった場合、退会と同時にポイントは抹消するものとし、退会以降の清算、問い合わせなどの一切の処理を行わないものとします。
第17条 サービスの中断、停止
mrt事務局は、以下に該当する場合、会員に承諾を受けることなくサービスの一部もしくは全部を一時中断、または停止する場合があります。
  1. データのバックアップに伴うシステムの一時停止
  2. 当ネットワークのシステム定期保守、更新ならびに緊急の場合
  3. 火災、停電、天災などの不可抗力により、サービスの提供が困難な場合
  4. 会員の死亡が確認された場合。
  5. その他、不測の事態によりmrt事務局がサービスの提供が困難と判断した場合
このような事態に伴い、会員に不利益、損害が発生した場合、mrt事務局はその責任を負わないものとします。
第18条 規約の変更
mrt事務局は、会員への事前通知、承諾なしに本規約を随時変更することができるものとします。変更の内容については、mrtのネット上に1ヶ月間表示した時点で、全ての会員が了承したものとみなします。ただし、第三者に不利益を及ぼす恐れのある場合など不足の事態が予想される場合は、上記期間を待たずに規約変更が実施されたものとします。
第19条 サービス内容の変更、中止
  1. mrt事務局は、会員への承認を受けることなく、サービスの内容を変更、または中止する場合があります。
  2. このような事態に伴い、会員に不利益、損害が発生した場合、mrt事務局はその責任を負わないものとします。
第20条 営業の停止
当ネットワークは一定の予告期間をもって営業の停止を行う場合があります。


以 上
マーケットリサーチとやま事務局
個人情報保護管理者 総務部長
2000年7月7日 制定
2006年9月1日 改定
2011年4月1日 改定